Finance

計画表をチェックする

さまざまな場面で活用できる

大きい限度額でかつ低金利の融資を受けられる特徴を持っているものが「不動産担保ローン」です。銀行だけでなく消費者金融でも不動産担保ローンを取り扱っています。フリーローンと比べると審査時間はかかってしまいますが、書類があらかじめ揃っていれば最短で3日程度長くても1週間程度で融資を受けることができます。銀行に比べると不動産担保ローンの審査スピードは消費者金融のほうがはやいです。銀行だと1ヶ月程度かかることがあります。もし、その間に取引先への支払いや契約に際して大きなお金が必要になることがあれば、審査時間のはやい消費者金融に申込みをすれば、早急に融資を受けることができますので、せっかくのビジネスチャンスを逃さずにすむことができます。

不動産担保ローン注意点について

不動産担保ローンを利用する際の注意点ですが、もし返済不能になったときに抵当権を設定しておいた土地または建物が金融機関に渡り、不動産を売却して残りの元金に充てられますので、せっかく保有していた不動産を失うことになります。さらに、不動産を売却して残債の返済に充てたとしても不動産担保ローンの契約時と比べて不動産の評価額が下がっていたとなると、売却しても残債がのこってしまうケースがあります。そうなると残高の返済は継続して行っていかなければならなくなります。